青汁に使用される「大麦若葉」や「明日葉」「ケール」といった主成分について今から一つずつ説明していきたいと思います。

青汁の基礎知識

青汁に含まれている「大麦若葉」や「明日葉」「ケール」といった原材料の働き

更新日:

健康に良いことで有名な青汁!CMや新聞の広告で目にする機会も多いですよね。

でも青汁にどんな成分が含まれていて、具体的にどんな効果があるのか知らない人は多いのではないでしょうか?

今回は人気の青汁「ふるさと青汁」に使用される「大麦若葉」と「明日葉」について、一つずつ説明していきたいと思います。

「試したいけど、大麦若葉と言われてもよく分からない」「明日葉をとるとどういった効果があるの?」という方のために、詳しく解説していきます。

 

ふるさと青汁

「大麦若葉」には凄いパワーが!美や健康のために摂取しよう

「青汁といったら大麦若葉」、といっても過言でないくらいよく使われているものです。

その理由は、他と比べて含まれている栄養成分がとにかく多いから!

大麦若葉はイネ科の植物で、名前の通り大麦が育ちきる前の若葉の状態で摘まれています。

一番有名な含有成分は食物繊維でしょう。食物繊維は腸の活動を正常に行わせる働きがあり、便秘に悩んでいる人にもってこいの栄養素です。

他にも美肌に欠かせないビタミンやミネラルをはじめ、タンパク質・酵素などもバランス良く含まれています。

美にこだわる人は取り入れるべき野菜です。

「明日葉」で老化を食い止めよう!目指せ体の抗酸化!

明日葉はセリ科の多年草です。

含まれている成分構成は大麦若葉と似ていますが、その中でも特徴的なのは「カルコン」という成分でしょう。

おそらくほとんどの人は初めて聞く言葉だと思いますが、このカルコンはポリフェノールの一種で、抗酸化食品であることから注目を集め始めています。

人間の体内は年を重ねることによって酸化するといわれています。

この酸化を食い止めてくれるのが抗酸化食品の存在です。積極的に摂取することにより、老化のスピードを緩めアンチエイジング効果を期待できるのです。

また、体内でビタミンAを生成する働きを持つ「βカロテン」の量がほうれん草やトマトよりも多く、皮膚を健康に保ってくれます。

 

明日葉の根っこ入り「ふるさと青汁」の明日葉パワーで元気な毎日を

ふるさと青汁の特徴は、青汁の中でも珍しく、明日葉の根っこまでまるごと使われていることです。

ほとんどの青汁は、葉物野菜だけを使っているのですが、ふるさと青汁は、根っこまで使うこだわりがあります。

明日葉の根っこには、食物繊維が豊富なだけでなく、今話題の健康物質LPSがたっぷり含まれていて、LPSとは、免疫ビタミンも言われ、身体の自然免疫を強くし、病気やウイルスに負けない身体を作ってくれます。

明日葉の成分には、カルコンが含まれていて、カルコンはむくみやセルライトに直接働きかけてくれるので、ダイエットに効果が期待できる青汁になります。

青汁30種の中で、明日葉が一番多く含まれているのは、ふるさと青汁なので、ダイエットの効果を期待する人にはふるさと青汁が向いています。

ふるさと青汁の口コミ

「大麦若葉」や「明日葉」は健康への近道!

健康と美容は年齢・性別問わず気にしている人が多いものです。

特に30代・40代あたりから一気に肌は衰え、体に異変を感じることも増えていくでしょう。健康診断で生活習慣の改善を指摘される、なんてことも・・・。

そんな時にオススメなのが「ふるさと青汁」です!

ふるさと青汁に含まれている「明日葉」「大麦若葉」といった成分は、年齢を感じさせない健康的な体を作るために一役買ってくれます。

特に「大麦若葉」は必要な栄養素がバランス良く含まれた理想的な植物です。青汁を選ぶ際は、大麦若葉が原材料に使われているものを探すよう意識して下さい。

 

単体ではなかなか摂取が難しいものでも、毎日約1杯飲むだけなら負担も少ないはずです。

仕事や家事で忙しく、料理をする時間・気力がない時でも全く問題ありません。

青汁を上手く活用し、健康寿命を延ばしていきましょう!

飲みやすい青汁 おすすめランキング

-青汁の基礎知識
-,

Copyright© 飲みやすい青汁おすすめランキング2018|青汁の世界 , 2018 All Rights Reserved.