青汁はどれがいい?青汁ってたくさんありすぎてどれを飲めばいいのか分からない。そんな方のために青汁を実際に飲んでレビューしました。健康のために、ダイエットのために、美容のために、目的にあった青汁を選んでください。

青汁の基礎知識

青汁はいつ飲むのが効果的?おすすめの飲む時間とは

更新日:

青汁はいつ飲むのが効果的?

青汁はいつ飲むのが効果的?

手軽に飲めて、栄養補給にも便利な青汁。

そんな青汁を、いつ飲んでいますか?

実は青汁は、目的によっておすすめの飲む時間が違うのはご存知でしょうか。

同じ青汁でも、飲む時間によって効果的がどうか変わってきてしまうんです。

「せっかく青汁を飲むなら、より効果がある時間に飲みたい!」

そんな方のために、朝、昼、夜といつの時間が青汁を飲むのに効果的なのか、目的別のおすすめの飲み時間をご紹介します。

青汁で栄養補給したいなら朝飲むのがおすすめ!

栄養補給目的で青汁を飲む場合、朝に飲むのがおすすめです。

朝食に青汁を飲む

朝食に青汁を飲む

実は朝起きた時の人の体は、エネルギーを欲している状態なんです。寝ている時に体はかなりのエネルギーを消費してしまっているので、その消費したエネルギーを補給したい状態になっています。

そのような状態で青汁を飲めば、栄養がすんなり体に入り込んでいくわけです。朝は体に水分が足りない状態なので、水分補給としても青汁は最適なんです。

また、朝は体が気だるかったり、頭がボーッとして冴えない状態の人も多いのではないでしょうか。

その状態の時に青汁を飲んで栄養が体に回ると、脳も活性化して頭も冴えていきます。

寝起きで寝ぼけている頭を起こしてくれる効果も期待が出来るんです。

ただし、寝起きで冷え切った青汁をいきなり飲むと、胃や腸が刺激を受けてしまうので、朝飲む時は常温で飲むと安心です。

ダイエット目的の場合は食前に飲むのがおすすめ!

ダイエット目的で青汁を飲むなら、食前に飲むのが最適です。

青汁を食前に飲む

青汁を食前に飲む

青汁には満腹感中枢を刺激する効果があるので、その効果で食欲を抑える事が出来ます。また、食物繊維はお腹の中で膨らむので、満腹感を感じる事も出来ます。

青汁を飲むことで食事をする前からお腹が満たされた感覚を得る事ができるので、食べ過ぎを防ぐことが出来たり、空腹を感じにくくなるんです。

また、ダイエット中に不足しがちな栄養も補給する事が出来るので、ダイエット目的で青汁を飲むなら食前にすると効果的です。

便秘改善には朝と就寝前、どちらでもOK!

便秘改善で青汁を飲む場合、朝と就寝前、どちらでも効果はあります。

まず、朝に飲む場合は眠っていた腸内を活性化してくれるので、高い快便効果が期待できます。

便秘解消のために

朝に青汁を飲んで便通が良くなれば、スッキリした状態で一日を過ごせるので、モヤモヤした一日を過ごすことが無くなるのもメリットです。また、寝起きで不足している水分補給も同時に行えるのも、朝がおすすめの理由です。

就寝前に青汁を飲んでも、腸内環境を整えてくれます。

しかし、腸内環境が活性化しすぎて寝苦しさを感じる可能性があるので、それが嫌な人は朝飲むのをおすすめします。

就寝前に青汁を飲むなら、快眠効果のあるメラトニンが含まれているケールが、原材料に使われている青汁を選ぶといいかもしれません。

青汁の飲み方についてのまとめ

青汁は飲む目的によって、より効果的になる飲む時間が違います。

ただ青汁を飲み続けるよりも効果的な時間に飲む方が、より高い効果が期待できるので、青汁を飲む時は「飲む時間」に気を付けてみてくださいね。

栄養補給、ダイエット、便秘改善。

その目的に合った「おすすめの飲む時間」に、青汁を飲んでみるようにしましょう。

飲みやすい青汁 おすすめランキング

-青汁の基礎知識
-

Copyright© 飲みやすい青汁おすすめランキング2018|青汁の世界 , 2017 All Rights Reserved.