青汁はどれがいい?青汁ってたくさんありすぎてどれを飲めばいいのか分からない。そんな方のために青汁を実際に飲んでレビューしました。健康のために、ダイエットのために、美容のために、目的にあった青汁を選んでください。

年代別で青汁を選ぶ

40代の女性に青汁ダイエットがお勧めの理由!効果的な青汁の飲み方

更新日:

40になると基礎代謝が落ちてしまうので20代の頃と比較して太りやすくなってしまいます。

だからこれまでと同じ生活をしていたのでは体重が増えてしまいますし、若い時と異なり健康、美容にも気を使わないと若さや美しさを維持することが出来ません。

そんな、40代の女性にお勧めなのが青汁ダイエットでその理由について説明していきます。

青汁に含まれる食物繊維で40代でも痩せやすい体質へ

40代の女性が太りやすいのは基礎代謝が低下することに加えて体力が落ちるので体を動かす機会も減ってしまうからです。

そして運動不足になると便秘やむくみといった症状が出てしまいます。そんな状態を改善することが出来るのが青汁で、青汁には食物繊維やカリウムが多く含まれているので腸内環境を良くする効果があります。

腸内環境が良くなれば便秘は解消されますし、体内の老廃物が排出されればダイエット効果も期待できます。さらに老廃物が排出されることにより有害なガスの発生を抑えることが出来るので血行が良くなり、むくみの解消が目指せます。

さらに血行が良くなれば代謝もアップするので痩せやすい体になることが出来ます。

青汁ダイエットなら飲むだけでOKなので40代の女性向き

青汁ダイエットは食事制限や運動をしなくても飲むだけで効果が期待できるので仕事や家事、育児に多忙な40代の女性に最適なダイエット方法と言えます。

飲むタイミングとしては食前で、食事の前に食物繊維を摂取することで食物繊維が胃腸で水分を吸って膨れるので満腹中枢を刺激し食べ過ぎを予防してくれます。また食前に青汁を1杯飲めば血糖値の急激な上昇を抑制することができ、さらに糖質の吸収を抑える効果もあると言えます。

あとより効果的な摂取方法としては置き換えダイエットで夕食に置き換えれば摂取するカロリーを大幅に減らすことが可能です。

青汁による美肌とアンチエイジング効果は、私達40代の味方

10代、20代の頃と比較し40代になると肌はハリを失いたるんでしまいます。

また目じりのシワなども気になってくるのがこの年代です。

青汁ダイエットの魅力はダイエット効果にプラスしてアンチエイジング効果も期待できる点です。

青汁の原料であるケール、大麦若葉には多くの栄養素が含まれていてビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維、葉酸、タンパク質などを摂取できます。さらに抗酸化物質のルテイン、SOD酵素がたっぷりと含まれているから肌のシミ、シワの予防と改善をすることが出来ます。

つまり毎日青汁を飲むことで肌の老化を抑制することが出来ますし、しっかりと栄養を摂取することで体内の末端部である頭皮のも栄養が行き渡るようになり抜け毛の防止や白髪を予防する効果もあると言われています。

 

40代の女性が効率良くダイエット出来る青汁の飲み方

若い女性は基礎代謝が高いので肉類や揚げ物などを食べていてもそれほど太る事はありません。

しかし年齢を重ねてくると基礎代謝が低下してくるので体に無駄な贅肉が付きやすくなってしまいます。

無駄な贅肉が付いてしまった時は運動や食事制限をしてダイエットをする女性が多いですが、なかなか続かない事も多いです。

しかし青汁を飲み続けると効率良くダイエットをする事が出来ます。青汁は食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消の効果があると言われていますが、ダイエット効果も期待出来ます。

40代の女性が効率良くダイエットをする時の青汁の飲み方を紹介していく事にしましょう。

食事をする前に青汁を飲む

年齢を重ねてくると基礎代謝が低下してくる事で太ってしまう事が多いです。基礎代謝が低下してくると血糖値が上がりやすくなってしまうので食事をした時に体内で脂肪が吸収されやすくなってしまいます。

それで無駄な贅肉が付いてしまうのでダイエットしていく時は血糖値が上がるのを抑える必要があります。

青汁は血糖値が上がるのを抑える働きがあるので食事をする前に飲むと効果的です。食事をする前に青汁を飲むと食事中に血糖値が上がるのを抑える事が出来ているので体内で脂肪が吸収されにくくなります。

それにより太りにくい体質を作り上げていく事が出来るので食事をする前に青汁を飲む習慣をつけると効率良くダイエットをする事が出来ます。

朝食を青汁に置き換える

ダイエットをする時に食事を青汁に置き換える方法があります。

朝、昼、夜と1日3食が基本となっているので効率良くダイエットをする時はすべて青汁に置き換えてしまうのがいいと思ってしまうでしょう。

しかしすべての食事を置き換えてしまうと空腹感が出てきてしまうので長続きするのは難しいです。

それで食事を青汁に置き換えてダイエットをする時は1食だけにすると効果的です。基本的には脂肪が吸収されやすくなる夜の食事を置き換えた方がいいですが、寝る前にお腹が空いてしまい何か食べてしまう可能性があります。

それで逆効果になってしまう事もあるので朝食を青汁に置き換えて昼と夜は腹7分程度の食事をするのがベストです。

青汁に豆乳を混ぜて飲む

青汁は味が苦いので飲みづらいと感じてしまう女性も多いです。

青汁を飲んでダイエットをするのが長続きをしない事もありますが、豆乳を混ぜると苦みが消えてサッパリするので女性でも飲みやすくなります。

また、豆乳には大豆サポニンという成分が含まれていて脂肪燃焼効果を高めてくれたり満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれたりします。

青汁に豆乳を混ぜる事によってダイエット効果が出やすくなります。効率良くダイエットをしたい女性は青汁に豆乳を混ぜて飲んでみるといいでしょう。

40代の女性が効率良くダイエットをする時の青汁の飲み方はこのような方法があります。

どの方法でも効率良くダイエットしていけるので自分の適した方法を選んで青汁を飲み続けていきましょう。

40代のダイエットは健康第一!つまり青汁ダイエットがおすすめ

40代の女性は10代、20代と比較し基礎代謝の低下や体力の衰えから運動不足になり太りやすい状態です。

だからお勧めしたいのが青汁ダイエットでたっぷりの食物繊維によりデトックス作用で痩せることが出来、また飲むだけでいいので手間がかからないので、子育てや家庭のことで忙しい私達40代に合っていると言えます。

さらに青汁には抗酸化物質であるルテイン、SOD酵素が多く含まれているのでエイジングケアが気になる40代の女性にも最適です。

飲みやすい青汁おすすめランキングはこちら

-年代別で青汁を選ぶ
-

Copyright© 飲みやすい青汁おすすめランキング2018|青汁の世界 , 2017 All Rights Reserved.